Apple、次期macOS 10.15で「サイドカー」というiPadを外部ディスプレイ&ペンタブレットにする機能を搭載

Appleは、次期macOS 10.15で「サイドカー」というiPadを外部ディスプレイにする機能を搭載することを計画しています。

この機能は6月のWWDCで、この機能が公開される見込みです。

Appleの内部で「サイドカー」と呼ばれるこの は簡単なメニューからアクセスできます。この新しいメニューは、Macアプリウィンドウの緑色の「最大化」ボタンに一瞬マウスを重ねると開きます。

メニューには、ウィンドウをフルスクリーンにしたり、タイル表示したり、ユーザのiPadやMacに接続された外部ディスプレイなどの外部ディスプレイに移動したりするためのオプションがあります。

表示オプションの1つを選択すると、現在のウィンドウが選択された外部ディスプレイまたはiPadの全画面表示に移動します。

興味深いのは、Apple PencilをサポートするiPadを使用しているユーザは、Mac用の外部ディスプレイとして使用しているときにiPad上でPencilを使用して描画することもでき、iPadをWacomのようなペンタブレットとして活用できます。

(via MacRumors