iPad 2、2019年4月30日から、修理サービスが受けられなくなるビンテージ製品・オブソリート製品に!

Appleが、2019年4月30日から、ビンテージ製品とオブソリート製品にiPad 2を追加するとのことです。

iPadには、2011年3月に発売され、2014年3月まで低価格のオプションとして販売されていました。スペックは、A5チップ、9.7インチディスプレイ0.7メガピクセルのリアカメラを備えています。

ビンテージ製品とオブソリート製品にリストされることで、ハードウェアの修理サービスが受けられなくなります。

ただし、カリフォルニアとトルコは、法律により2021年3月までリストに入りません。

オブソリート製品はハードウェアサービスは終了した製品で、サービスプロバイダでも修理できません。また、ビンテージ製品は、製造中止から 5 年以上 7 年未満の製品を示しています。

(via MacRumors