iFixit、新iPad Air (第3世代)」の分解レポートを公開!

分解修理で有名なiFixitが、新iPad Air (第3世代)」の分解レポートを公開しています。

新iPad Air (第3世代)は、内部の設計が全面的に見直されており、ロジックボードが中央に配置され、その両側に2セルとなったバッテリーが配置されています。

チップは、iPhone XSと同じ、A12 Bionicチップで3GBのRAM、NANDフラッシュメモリ(64GB)は、東芝製です。

バッテリー容量は、2セル化により、27.62Whから30.2Whへと増加しています。

修理可能かどうかのスコアは、10ポイント中2ポイントと、ほとんど修理は不可能です。

(via iFixit