Apple、iPhoneの5G対応は、インフラの安定性が増す2020年以降の見込み

Appleが、iPhoneへの5G導入を先送りにする可能性が高く、5G対応iPhoneの投入は2020年以降になる見込みだとBloombergが伝えています。

Appleは、通信技術などについては、これまでも慎重な姿勢をとっており、3Gや4Gの導入も通信サービスに問題が発生しないことを確認してからiPhoneへの技術導入を図りました。

ただ、今回の5Gは、4Gに比べて100倍通信速度が速いため、Appleの姿勢は大きなリスクをかかえています。

日本のユーザーにとっては、5Gの通信インフラが整うのが2020年になるため、Appleが5Gの採用を遅らせたとしても影響がありません。

(via MacRumors)