Apple、生徒用iPadを管理するアプリのMac版「クラスルーム」を公開!

Appleが、これまでiPadアプリとして提供してきた生徒用のiPadを管理するアプリ「クラスルーム」のMac版をを公開しています。

Appleは、教育機関へのiPad普及に力を入れていますが、その際に問題になるのが、iPadをどのように管理するかということです。

そのため、これまで生徒用のiPadを管理し、先生の作業を軽減するためのアプリとしてiPad版の「クラスルーム」が公開されていました。

以下は今回、新たに公開されたMac版「クラスルーム」の機能です。

説明:
“クラスルーム”を使えば、Macがみなさんの有能なアシスタントになります。授業内容に沿って生徒を導き、生徒の進み具合を把握し、学習のペースを保つためのお手伝いをします。“クラスルーム”なら、生徒全員のiPadで同じAppを同時に開いたり、生徒のグループごとに異なるAppを開いたりするのも簡単です。教師は教えることに、生徒は学ぶことに集中できます。
【共有iPadを生徒に割り当てる】
• 構成が完了すると、“クラスルーム”は近くにある生徒用iPadに接続されます
• 最後に使用した共有iPadが生徒にインテリジェントに割り当てられます
• 授業の終わりに生徒を共有iPadからログアウトして次の授業用に準備することができます
【生徒の作業を開始する/作業に集中させる/作業を一時停止する】
• クリックするだけで、生徒用の任意のAppやWebサイト、ブックを開くことができます
• 1つのAppにロックして、生徒に集中してもらうことができます
• 画面をロックして、作業を一時停止したり、授業に集中してもらうことができます
• 生徒用デバイスでオーディオを消音にできます
【生徒が見ているものを“画面表示”で見る】
• 生徒全員の画面の概要を一度に見ることができます
• 1人の生徒の画面だけを見ることもできます
• 生徒の画面を見ているときは、そのことが生徒に通知されます
【AirDropを使って書類やリンクをクラスと共有する】
• 1回クリックするだけでクラス全体に共有できます
• 生徒も教師と共有できます
【生徒の作業を教室のApple TVで共有する】
• 生徒のすばらしい作業をクラス全体に見せることができます
• AirPlayを使えば、1人の生徒の画面をワイヤレスで映し出すことができます
• 生徒の画面を映し出しているときは、そのことが生徒に通知されます
【パスワードを忘れたら、教室の中で直接リセット】
• IT担当者に連絡しなくても、管理対象Apple IDパスワードをリセットできます
【グループを使って生徒を編成する】
• 生徒が使っているAppに基づいて、生徒のグループが自動的に作成されます
• 教師がグループを作成して、生徒をプロジェクトチームに分けることもできます
• グループ全体、またはグループ内の個々の生徒に対してアクションを実行できます
【生徒のデバイスが1人1台の場合にも、共有iPadの場合にも最適です】
IT管理対象クラスや教師が作成したクラスがサポートされます
アクションはすべてローカルネットワーク上のみで実行されます
【システム条件】
教師: macOS Mojave以降を搭載したMac
生徒: iOS 12以降を搭載したiPad
生徒用と教師用の両方のデバイスで有効なBluetoothおよびWi-Fi
“クラスルーム”を実行している教師のBluetooth通信圏内に生徒がいること

Mac App Store →クラスルーム