Appleは、Amazon Echoの登場までSiriを軽視していた!

The Informationが、AppleのSiriに関して興味深い情報をレポートで公開しています。

予想外なのは、AppleのHomePodチームは、2015年までSiriの搭載を考えておらず、SiriなしでHomePodを発売することを健闘していたとのことです。

きっかけは、2014年後半にAlexaを搭載したAmazon Echoが発売されてから、Appleの内部が意識し始めたとのことです。

Siri 1.0は、2011年に開始されてからインフラのスケールが不足していました。それにより、アメリカでの人気の割にバックエンドでのボトルネックが発生し、ユーザーからの信頼が失われました。

その後、Appleは数年を費やしインフラを強化してきました。また、Siriのサードパーティアプリのサポート開始が遅れたため、Williamson氏が、SiriKitのコードを書きましたが、Siriは柔軟性に欠けていたため、Siri開発チームは実装を反対したとのことです。

Siriのリーダーは、2011年以来多くの異なるマネージャーが代わり、内部のトラブルに苦しんでいたようです。The Informationは、Siri部門に重点とビジョンがなく、自然言語と検索部門との間には紛争もあったとのことです。

2015年後半に、Appleはより高度なAIに焦点を当てた英国の会社VocalIQを買収しました。これにより、AppleはSiriのカレンダーリクエストにVocalIQのテクノロジーを使用することができました。

Appleは、Apple SVP Craig FederighiがSiri部門のリーダーシップに担当し、Siriの開発を急いでいます。

しかし、AmazonのAlexaや、Googleアシスタントの進歩は早く、Appleが、それを超えるには、相当な人的資源投入が必要です。

(via 9 to 5 Mac