Apple、「MacBook Pro」「MacBook」のディスプレイ反射防止コーティング無料修理プログラムの期間を延長

Appleは、2015年に「MacBook Proなどの反射防止コーティングが剥がれる問題」について、ディスプレイの無償交換プログラムを実施するとの内部通知を行っていました。

その当時の無償交換の対象は、購入から3年以内か、または2015年10月16日から1年以内で、いずれか長い方に該当するマシンでした。

しかし、2017年に2月にその対象が拡大されました。

購入から3年以内か、または2015年10月16日から1年以内で、いずれか長い方に該当するマシンでした。購入から3年以内もしくは、2012年6月から2017年10月16日までに購入された機器で、いずれか長い期間の方が適用されるとのことでした。

MacRumorsによると、その期間が現在、購入から4年までの機器に拡大されているとのことです。

• MacBook Pro (13-inch, Early 2013)
• MacBook Pro (15-inch, Early 2013)
• MacBook Pro (13-inch, Late 2013)
• MacBook Pro (15-inch, Late 2013)
• MacBook Pro (13-inch, Mid 2014)
• MacBook Pro (15-inch, Mid 2014)
• MacBook Pro (13-inch, Early 2015)
• MacBook Pro (15-inch, Mid 2015)
• MacBook Pro (13-inch, 2016)
• MacBook Pro (15-inch, 2016)
• MacBook Pro (13-inch, 2017)
• MacBook Pro (15-inch, 2017)
• MacBook (12-inch, Early 2015)
• MacBook (12-inch, Early 2016)
• MacBook (12-inch, Early 2017)

今回の無償修理交換プログラムでは2012年製のMacBook Proは期間を過ぎたとして、対象から外れています。

このプログラムについては、公式ページでは明らかにされていませんので、ディスプレイのコーティングに異常がある場合は、Apple StoreまたはAppleの正規代理店にMacBook Proなどを持ちこんで、対象となるかどうかを相談した方がよさそうです。

(via MacRumors