Apple、静かに「iOSとmacOSのXNUカーネル」の中にMacで動作する「ARMプロセッサ用」のソースコードを公開!

Appleが使用しているiOSやmacOSのコアとなる部分、カーネルは「XNU」と呼ばれ、アップルが開発するオープンソースのOS「Darwin」(Mach 3.0+FreeBSDをベースとし、NetBSDなど他のBSD系OSのコードも取り入れているためオープンソースとして公開)の一部として、これも公開(GitHub)されています。

iPhone、iPad、iPod、Apple TVに使用されている「Aシリーズ」のプロセッサはすべて、ベースにARMのアーキテクチャーを使用し、Appleが独自に改良を加えています。

それに対してMacは2006年以来、主にIntelプロセッサを使用し、x86系プロセッサに依存しています。

Appleは、高性能になったARMベースのオリジナルプロセッサをMacBookに搭載するのではないかとの噂は、何度も出ては消えています。

しかし、AppleがiPhone 8 / 8 Plus、iPhone X用に開発した「A11 Bionic」は、ベンチマークアプリ上ですが、MacBook Proと同等のパフォーマンスを持っていると言われています。

そう考えると、macOSに最適化したARM系のプロセッサを製造してもよさそうですが、AppleはいまだにARMのMacBookシリーズを発売していません。

理由は定かではありませんが、Intelから独自のARM系へ移行すると、Windows動作させるBoot Campが利用できなる可能性があります。

Microsoftが、ARM系プロセッサで動作するWindowsを開発中なので、そのリリースを待ってから、Apple独自のARM系プロセッサをデザインしなおすのかもしれません。

(via AppleInsider