Twitter、英語などの言語で文字数制限を140文字から280文字に拡大するテストを実施

Twitterが、一部のユーザーを対象に英語などの言語で文字数制限を140文字から280文字に拡大するテストを実施よするようです。公式ブログで140文字制限の問題を述べています。

英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語などの言語では140文字では、表現や説明が仕切れないとのことです。

理由は日本語、韓国語、中国語の140文字は、1文字が英語の2文字分で、英語に比べると140文字で多くの説明をできます。

下の画像は、「左が英語140文字・日本語140文字制限」、「右が英語280文字・日本語は同じく140文字制限」です。このように英語は140文字では、説明や表現がかなり制約されます。

データ上からもこの違いは明らかで、日本語でのツイートのうち、140文字は、わずか0.4%のみですが、英語では、140文字は、9%とはるかに高い割合です。日本のツイートは1多くが約15文字ですが、ほとんどの英語ツイートは約34文字となっています。

Twitterは、このことにより日本語・中国語以外の言語で280文字に拡大するテストを行うとのことです。

(via 9 to 5 Mac