macOS High Sierra、新ファイルシステム「APFS」は、当分の間「Fusion Drive」と「Boot Camp」を非サポート!(記事アップデート)

記事にアップデートがあります。

macOS High Sierraのbeta 1では、Appleが導入した新ファイルシステム「Apple File System(APFS)」は、iMacなどに搭載されているストレージ「Fusion Drive」をサポートしていましたが、それ以降のベータ版で、サポートがなくなり、SSD(フラッシュストレージ)のみのサポートとなりました。

beta 1で「Fusion Drive」を従来の「HFS +」から「APFS」へ変換するに非常に手間がかかりました。

その手順は、Time Machineバックアップの作成、ブート可能インストーラの作成、ディスクユーティリティを使用したiMacの再フォーマット、macOS High Sierraの再インストールと多くの間を要しました。

この手間に加えて大きなバグがリリースまでに修正できないと判断したのかもしれません。しかし、いずれはサポートされると予想されます。

「APFS」は、SSDに最適化されています。クラッシュ保護、安全なドキュメント保存、安定したスナップショット、簡単なバックアップ、強力なネイティブ暗号化を提供しています。

ただし、Boot Campを利用しているユーザーは注意が必要です。以下のサポートドキュメントによると、現在のBoot Campは「APFS」をサポートしていません。(APFSに対応したBoot Campがリリースされるのを待つしかありません)

Apple → Prepare for APFS in macOS High Sierra

アップデート:

Appleが新しいサポートドキュメント「How to switch between Windows and macOS in macOS High Sierra」を公開し、Boot Campの利用には、 Startup Managerを利用することで、起動ディスクを切り替えることができるので、それを利用するとBoot Campのディスクから起動させることができるとのことです。


方法は、Macを「Option」キーを押し続けた状態で起動させると下のような画面が表示されます。

上の画面で、「Windows」のドライブを選択するとBoot Campが起動します。

ただし、OSの初期バージョンは安定していないので、完全に実行できるかどうかは自己責任で行ってください。

(via MacRumors