iPhone 8の発売と同時にワイヤレス充電器は発売されない? iOS 11.1から利用可能に?

Appleの内部情報に詳しいDarling FireballのJohn Gruber氏が、Twitterで誘導充電(電磁誘導充電)は、別途販売され(昨年のポートレートモードのように)iOS 11.1へのアップデートまで待たなければならないかもしれないと述べています。

Gruber氏のTwitterだけではAppleが噂のスタンドアロン充電器の出荷を延期する理由は、まだ明確ではありません。

次期iPhoneのワイヤレス充電は、最初は本格的なワイヤレス充電である長距離充電機能をサポートすると見られていましたが、技術的なハードルが高く最終的には多くのメーカーが採用している電磁誘導が採用されることになる見込です。要するにApple Watchが採用している電磁誘導充電です。

AppleはSamsungなどが参加している「Qi」無線充電規格のワイヤレスパワーコンソーシアムにも参加しているため、この規格がそのまま採用されれば、既に発売されているサードパーティの充電器が使用可能ですが、Appleは同じ電磁誘導充電を採用しても独自の充電器を採用する可能性があります。

Gruber氏が述べているiOS 11.1まで充電器が発売されないというのは、そのことを言っているのかもしれません。

iOS 11.0ではワイヤレス充電機能はサポートされず、その後のアップデートでApple純正のワイヤレス充電器発売とともに利用が可能になるというストーリーです。

私見ですが、AppleのiPhone用ワイヤレス充電器はApple Watch専用の磁気充電ケーブルを大型化したような充電器を発売するのかもしれません。

(via MacRumors