Appleのマップ用ストリート画像を収集する専用自動車がスペインや英国などで活動

Appleのマップ(地図)用のストリート画像を収集する専用自動車がスペインや英国などで活動していることが、「Apple Maps vehicles」の公式ページで分かりました。

2017年7月3日から8月13日の間、スペインのBiscay、Arratia-Nerbioi、Busturialdea、Durangaldea、Enkarterri、Greater Bilbao、Lea Artibai、Uribe-Kostaなどを調査するようです。

Appleは、上記期間にイギリス、フランス、イタリア、複数の米国の州(米国のバーモント州、ロードアイランド州、ニューハンプシャー州など多数の州)でもデータを収集します。

Appleのサポートページによると、マップ作成用の車によって収集された情報はAppleのマップを改善するために使わますが、このデータを使って計画していることは明らかになっていません。Googleのストリートビューに対抗するだけでなく、何か別の目的があるのかもしれません。

(via MacRumors