Google、「G SuiteのGmail」に続き「個人向けのGmail」でもメールのスキャンによるパーソナライズ広告配信を停止

Googleが公式ブログで、「G SuiteのGmail」に続き「個人向けのGmail」でもメールのスキャンによるパーソナライズされた広告配信を停止すると発表しています。

Googleは、企業や個人のセキュリティとプライバシーを重視し。メールのスキャンは停止するものの、それ以外の情報(位置情報とかクッキー?)を使ってパーソナライズされた広告配信は続けるとのことです。

この変更は、他のGoogleサービスにおいてユーザーに広告が表示される仕組みとほぼ同じです。 Googleは、またユーザーにすべての製品の広告パーソナライゼーションを完全に無効にするオプションがあることを知らせるとのことです。

Gmailのスキャンについては、これまで数多くの訴訟が起こり、常にGoogleへの批判を巻き起こしてきました。

Googleによると個人ユーザー向けのメールスキャン停止は、今年の後半になるとのことです。

(via 9 to 5 Mac