Epic Games、「Unreal Engine」をmacOS High Sierra上でのVRコンテンツ開発ツールとして早期リリースを発表

AppleはWWDC 2017でiOS、tvOS、macOSのグラフィックスAPIの次期バージョンであるMetal 2を発表しています。WWDC 2017ではAppleによりValve、Unity、Unrealといったゲーム開発ツールがVRをサポートしMacに提供されると説明されました。

あの有名な「Infinity Blade」でも利用されたツール「Unreal Engine」を開発しているEpic Gamesは本日、Githubを通じて「Unreal Engine」 Macプラットフォーム上でのVRツールの早期リリースすると発表しました。

Mac上でのVRとMetal 2のサポートとMacでの最適化が行われた、「Unreal Engine 4.18」は、プレビュー版が9月に、正式版のリリースは10月上旬になる予定です。

すでにValveは、「SteamVR for macOS beta」を6月5日から「Unity」と同様に提供し始めています。

Epic Gamesによると、明日より、早期アクセスサポートが利用可能になるとのことです。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年10月1日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です