Apple、iOS 11とmacOS Sierraで「2段階認証」を「2ファクタ認証」に移行

2ファクタ認証12334

MacRumorsによると、Appleは最近Apple IDユーザーに「2段階認証」を有効にしているユーザーに対して、電子メールを送信し、iOS 11またはmacOS High Sierraをインストールすると、新しい「2ファクタ認証」に自動的に更新されることを通知したとのことです。

Appleは、Apple IDアカウントを保護するため、それまでの「2段階認証」を改良し、2015年に「2ファクタ認証」を導入しました。「2ファクタ認証」には、iOS 9、OS X El Capitan、watchOS 2、tvOS、またはそれ以降を実行するAppleデバイスが必要です。

なかなか「2段階認証」と「2ファクタ認証」は似ていて両者の違いは分かりにくいのですが、「2ファクタ認証」は、「2段階認証」をベースに、Appleユーザーにとってより使いやすくされてものです。

「2ファクタ認証」では、デバイスの新規購入やOS Xのアップデート時に、同じApple IDに登録されているすべての信頼できるデバイスに自動的に6桁の確認コードが送信されます。

2ファクタ認証afdaskdff

「2ファクタ認証」では不正なアクセスがあった場合、そのおおよその場所を地図で表示します。

Appleの2要素認証方式では、信頼できるデバイスの「設定」アプリで認証コードを生成できるため、デフォルトでは回復キーは無効になっています。「2ファクタ認証」を有効にするためには、「設定」> 「Apple ID」> 「パスワードとセキュリティ」で設定します。

「2段階認証」と「2ファクタ認証」を知りたい方は以下のサポートドキュメントをご覧ください。

→2 ステップ確認から 2 ファクタ認証に切り替える