「iPhone 7s」とOLEDディスプレイの「iPhone 8」のガラスシャーシの大量生産を開始

Digitimesによると、Appleのサプライヤーが「iPhone 7s」と「iPhone 8」のガラスシャーシの大量生産を開始したとのことです。

Appleは、4.7インチと5.5インチの次期iPhoneは、現在のiPhone 7 / 7 Plusと同様のベゼル、画面サイズなどデザインはほぼ同じで、強化ガラスとアルミシャーシの組み合わせになり、ワイヤレス充電搭載の可能性が高いです。

iPhone 8は、5.8インチの有機ELディスプレイ搭載で、金属フレーム(ステンレス鋼と思われる)、同じ強化ガラスシャーシを搭載した新デザインのデバイスになる見込です。

新型iPhoneは、9月発売の場合は6月からコンポーネントの大量生産が始まるのが通例です。

(via 9 to 5 Mac