Apple、プログラミング学習アプリの「Swift Playgrounds」でロボットやドローンなどをコントロールできるようになると発表!

Apple、キャラクターを動かしながら、様々なレッスンでインタラクティブにプログラミングを学習するアプリの「Swift Playgrounds」をリリースしています。

Appleは、6月1日、WWDC 2017(6月5日〜)で新バージョンの「Swift Playgrounds 1.5」をリリースし、ロボット、ドローン、楽器、その他のデバイスをプログラムしたり制御できるようになると公式ページで発表しました。

サポートされるコントロールデバイスは、、LEGO MINDSTORMS Education EV3ロボット、Sphero SPRK +ロボットボール、UBTECH JimuロボットMeeBotキット、Dash by Wonder Workshop、Parrot drones、その他のBluetooth対応デバイスです。

アップルのソフトウエアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグフェデリギ氏は、次のように述べています。
「世界中の100万人以上の子供や大人がSwift Playgroundsを使って楽しくインタラクティブにコーディングの基礎を学んでいます。 Swift Playgroundを使用して、自分が作成したコードをすぐに見たり、お気に入りのロボット、ドローン、楽器を直接コントロールすることができます。それは学ぶために信じられないほど刺激的で強力な方法です。」