ソニー、スマートフォン向けCMOSイメージセンサをAppleと中国の大手スマートフォンメーカに優先供給

Digitimesによると台湾の業界からの話として、現在、ソニーはスマートフォンのカメラ用CMOSイメージセンサの供給量に限界があるため、1番の供給先であるAppleと中国のHuawei、Oppo、Vivoの3社への供給を優先させているとのことです。

ソニーは、ハイエンド、ミッドレンジのCMOSイメージセンサを製造しているため、Appleはソニー1社に供給を頼っています。

従ってAsustek Computer、HTCなどの他のスマートフォンメーカーは、SamsungやOmniVisionに供給を頼らざるを得なくなったとのことです。

Samsungはこれまで自社用のCMOSイメージセンサを製造し、OmniVisionは、エントリーレベルとミッドレンジ用のCMOSイメージセンサを製造してきました。

ソニーは、まずはApple優先で供給しているようです。