Apple、WWDC 2017の「Apple Podcast Studio」の参加予約を米時間の6月1日から受付開始

WWDC 2017では米時間の6月6日午前10時から午後6時まで「Apple Podcast Studio」というスケジュールが組まれています。
このプログラムは、Podcastがマイナー化している現在、一般ユーザーにとってちょっと不可解な気がします。しかし、わざわざこのようなプログラムが組まれていると言うことは、Appleがもう一度Podcastに力を入れて、その人気に息を吹き込もうとしているようです。

参加者は「フル装備のスタジオ」で1時間のセッション1回につき最大4人が、Podcast作成します。セッションではAppleの専門家が制作サポートを提供し、参加者のポッドキャスターに録音したものを提供します。

AppleのシニアバイスプレジデントのEddy Cue氏は今年、Appleがポッドキャストの新機能を開発していると述べています。また、Appleは、先月「Apple Podcasts」と改名し、iTunesブランドから切り離しました。

また、「Apple Podcast Studio」というプログラムがWWDC 2017に加えられたのは、WWDC 2017で新しいPodcastの機能が紹介する可能性を示しています。

(via 9 to 5 Google