コンシューマーレポート、Appleからの要請を受けてMacBook Pro(Late 2016)のバッテリ寿命について再テスト

米コンシューマーレポートが、Appleからの要請を受けてMacBook Pro(Late 2016)のバッテリ寿命について再テストすることを明らかにしています。

MacBook Pro(Late 2016)は、バッテリ寿命が個体によって非常に差があり、Appleが公表している10時間のバッテリー寿命を得られないとして、MacBook Proで初めて「推奨」を与えませんでした。

その後、Appleにより、この原因がテストに使用しているSafariのバグが原因であることが判明しました。コンシューマーレポートは、テスト環境に差が出ないようにブラウザのキャッシュをオフにしてテストしてますが、肝心のSafariはキャッシュ設定にバグがあっため、バッテリーテストが不調に終わったとのことです。

このためコンシューマーレポートは、AppleがアップデートでSafariのバグを修正した後、再テスト行うことを決定しました。

(via MacRumors