iOS 10.1、アクティベーションロックが破られる!(動画あり)

img_4260

PCWorldによると、2人の研究者がiOSのアクティベーションロック(「iPhoneを探す」をオフにしない限り、デバイスを消去したり、アクティベートできない機能)を破ったとのことです。

インド人のセキュリティ研究者のヒマンス・ジョセフ氏は、購入した中古のiPadにアクティベーションロックがかかっていので、ある方法を思いつきました。

それはWPA2-Enterpriseのユーザー名とパスワードのフィールドに、とてつもなく長い文字列を入力してサービスをクラッシュさせ、ロックを解除することを思いつきました。

実行するとiPadの画面がフリーズ、iPad Smart Coverを使ってiPadをスリープ状態にして再度開くと、iPadは最後の状態から復帰するため、WPA2画面が立ち上がりました。その後しばらく待つとWPA2画面が、ホームスクリーンへと切り替わり、ロックが解除できたそうです。

なお同氏は、このWPA2の入力フィールドに文字数制限がないため、アクティベーションロックが解除できることについてAppleに報告しているそうです。

脳一人の同一人研究者も同様の方法でアクティベーションロックを解除したとのことです。

(via iPhone Mania

Last Updated on 2017年10月11日 by M林檎

コメントを残す