5.8インチディスプレイのiPhone 8、アクティブなタッチスクリーンエリアは5.1〜5.2インチ

iphone-7-plus-jet-black-duo

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、これまでの情報の通り、Appleは、2017年発売のiPhoneに5.8インチの有機ELディスプレイを搭載するとしていますが、実際のアクティブなタッチスクリーンエリアは、5.1〜5.2インチだと述べています。

同氏は、フレキシブルな有機ELパネルは、Samsungによる独占供給になるとの予測もしています。

Appleは、2017年に発売されるiPhone 8は3モデル構成で最上位モデルである5.8インチモデルに有機ELディスプレイを搭載し、これまでのラインナップである4.7インチと5.5インチモデルには従来のTFT液晶ディスプレイが採用されるとのことです。

有機ELディスプレイの供給については、サプライヤーの生産体制の問題やAppleの品質基準の高さから、供給不足になるのではないかとの観測が出ています。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年9月14日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です