Microsoft、膨大なデータを保存する一部ユーザーに耐えかねて「OneDrive」の「容量無制限」を撤廃!無料容量も縮小

0aceb92cc6913997d91d9bd3a761b5eddff113f7.78.2.2.2

Microsoftが、「OneDrive」の保存容量についてプランを変更すると発表しています。

「容量無制限」撤廃は、一部ユーザーが膨大なデータを保存し、他のユーザーの利用に支障をきたす恐れが出てきたためです、
これに伴い他のプランも変更します。ITmediaによると変更点は以下の通りです。

Office 365 Home、Personal、Universityエディションで提供しているOneDriveの容量無制限提供は終了し、無料で利用できるのは1Tバイトまでになる(同日から有効)
OneDriveの有料プランで、昨年6月から提供している100Gバイトおよび200Gバイトのプランはなくなり、2016年初頭から月額1.99ドルの50Gバイトプランのみになる。現在100/200Gバイトプランを利用しているユーザーについては変更はない
非Office 365ユーザーが使えるOneDriveの無料容量は、現在の15Gバイトから5Gバイトに縮小する。カメラロール用の15Gバイトのボーナスストレージの提供も終了する。この変更は2016年初頭から段階的に開始する

既存ユーザーの猶予措置は以下の通りです。

1Tバイト以上使っているOffice 365ユーザーには通知があり、11月2日からの向こう1年間は超過分を保存しておける。1年後の時点から半年間はファイルをダウンロードできるが、半年経つとアカウントはロックされ、さらに半年後(2015年11月2日の2年後)にアカウントは削除される
5Gバイト以上使っている非Office 365ユーザーは、2016年初頭に今回の変更が有効になってから向こう1年間は超過分を保存しておける。また、1Tバイト無料の個人向けOffice 365の1年間無料トライアルを使うことも可能(クレジットカード情報の入力が必要)。1年後に超過分がどうなるかの説明はFAQにも書かれていない

Last Updated on 2017年9月20日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です