Apple Storeの従業員が、不正にギフトカードを入手、997,000ドル相当の被害を与える

apple-store-queens-opening-1-2

Apple Storeの従業員で容疑者のRuben Profitが、不正に入手したクレジットカードを使ってAppleのギフトカードを手に入れ、それを額面の10パーセントという安値で転売し、利益を上げていたことが明らかになり、逮捕されました。

3ヶ月の間に行われた詐欺行為によって、Appleが受けた被害総額は997,000ドル相当(約1億2千万円)で、一従業員の不正としては、驚くほどの金額となっています。

(via NBC New York9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年9月14日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です