Samsung製「A9」、バッテリーへの負担が大きいのは高負荷時の発熱

ChipworksA9_678x452 (1)

ANANDTECHが、iPhone 6s / 6s Plusに搭載されているSamsung製の「A9」とTSMCの「A9」について、バッテリーの消耗に与える影響がSamsung製の方が、大きいのは、発熱のせいだと推測しています。

これまで明らかになっているのは、Samsung製のA9は14nmプロセス、TSMCは16nmプロセスで製造されているため、Samsung製の方がダイの面積が約10パーセント狭くなっています。

要するに少ない面積に集積しため、過度に負荷がかかった場合、TSMC製に比べて発熱が大きく、CPUの処理能力が低下してしまうという単純な結論です。

従って、Appleがコメントしているように通常の使用ではほとんどバッテリー持続時間はほとんど変わらず2〜3パーセントの範囲内での個体差だということです。

→iPhone 6s / 6s PlusのCPUが省エネのTSMC製かどうか調べるアプリ「Lirum Device Info Lite」無料

Last Updated on 2017年10月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。