iPhone 6、ディスプレイの大型化は既定路線?

Cantor Fitzgeraldのアナリスト、ブライアン_ホワイト(Brian White)氏が、中国・台湾のハイ的企業を調査した結果、2014年リリースのiPhone 6に現在の4インチよりも大型ディスプレイ(約5インチ)が搭載されることが確実だとしています。(AppleInsider)

ホワイト氏の主張は、KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuoによる、4.5〜5インチのディスプレイが搭載されるという予測と一致しています。

また、ロイターは、Appleが4.7インチから5.7インチのサイズで検討しているとレポートしています。