Apple、今度はFaceTimeで訴えられる。

  アップル - iPhone 4S - 驚きがいっぱいのiOSのすべてをご紹介します。 2台湾人の男性が、中国・鎮江の裁判所に、AppleのFaceTimeが自身の特許を侵害しているとして、訴状を提出しました。(9 to 5 Mac)

その男性は2003年に従業員として雇われている時に特許を取得し、男性が退職時に、特許が男性へ譲渡されました。

“voice network personal digital assistant(ボイス・ネットーワーク・パーソナル・デジタル・アシスタント)をカバーする特許は、現在、男性が所有しているということです。第1審は来月始まりますが、Appleは、今のところ、告発に反応していません。

男性がどのくらいの損害賠償を求めているのか分かりせんが、男性はFaceTimeの使用を止めることを要求しています。

今のところ。本当にAppleが特許を侵害しているのか事実関係は不明です。

Last Updated on 2016年10月16日 by M林檎

コメントを残す