iOS 6に搭載されるApple独自のマップは、Macでも使えるようになるのか?

Apple-maps-mac-2
WWDC2012において、秋にリリース予定のiOS 6には、Googelマップに代わってApple独自のマップが搭載されることが発表されました。

しかし、このマップはGoogleのようにスマートフォンに限らず。PCやMacからでも利用できるというようなマップになるとのアナウンスは今のところ、まったくありません。

ユーザーとしては、将来的にデバイスを問わずに利用できるようにして欲しいのですが、その片鱗について9 to 5 Macが報じています。

デベロッパーのCody Cooper氏が標準搭載のマップ・アプリ(iOS 6 betaのMaps)のコード(ルーチン)調査中にaltitude_manifest.xmlというファイル内で、Intelベースのグラフィックチップ・セットへの参照を発見しました。

そbの参照では、古いIntelのチップで利用できない「Shading」機能が無効になっていました。
これが即、Macでのマップアプリのサポートという話につながる訳ではありませんが、期待を持ちたくなるような状況証拠ではあります。(^_-)

Last Updated on 2016年11月20日 by M林檎

コメントを残す