App Storeのアプリ検索に変化?買収したChompの技術を導入か。

App-store-icon
App Storeの検索は、これまで検索キーワードと一致する名称のアプリが上位にランクされるという単純なもので、ユーザーからアプリを探しにくいとの不満が出ていました。

Appleは、それを改良するために今年の2月頃にモバイルアプリ検索企業のChompを買収しました。TechCrunchによると、すでにApp Storeの検索エンジンにChompの技術が導入されているのではないかとのことです。

例えばアメリカのApp Storeで「Traffic」で検索すると、以前は「Traffic」を含む名称のゲームアプリなどが表示されていましたが、現在はトラフィックナビゲーション・アプリが多く表示されるようになっているそうです。

IMG_0009
日本のApp Store において「東京 旅行」で検索してみると上のような検索結果となりました。さて、どうなんでしょうか?

TechCrunchは、すべての言語や国で導入されているわけではなく、イギリスやドイツでは同様の結果が出ましたが、今のところポーランドは従来のままのようだと報告しています。

[関連記事]

AppleがiTunesのリニューアルのため、アプリ検索企業のChompを買収か。

Appleに買収された「Chomp」App Storeリニューアルにシフトするため、Android向けサービスを停止か?

Last Updated on 2016年10月16日 by M林檎

コメントを残す