アメリカ空軍がフライトバッグの代わりにiPadを採用

Ipad_AMC

Nextgovがアメリカ空軍の航空機動軍団(Air Mobility Command)がフライトバッグの代替としてiPad 2を導入計画だと報じています。

すでに空軍は、1月に特殊部隊用のフライトバッグとして2861台のiPad 2を購入することを発表しています、

航空機動軍団の購入台数は63〜18000台で、 C-5 GalaxyとC-17 Globemasterのパイロットが使用するとしています。ただし、空軍側は「iPadにこだわらない」とし、低コストでの導入のため、iPad外の選択肢も検討しているようです。

~ C5Banking35DegreesLeftFrom11oClock
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。