AppleはiPhone 5の薄型化のためにSONY製カメラを採用か?

~ sony-120123

SONYが1月23日にカメラの心臓部となる新しいCMOSイメージセンサーを発表しました。この新型CMOSイメージセンサーが話題になっているのは、より小型化化されたことにより、iPhone 5に採用されるのではないかということです。

カメラモジュールはボディの厚みを決定する重要な要素になっています。そのカメラモジュールを小型化するためには、心臓部のCMOSイメージセンサーの小型化は欠かせません。

すでにiPhone 4SにはSONYのカメラが採用されています。さらなるカメラの性能アップ、小型化が図られるとしたらiPhone 5へのSONY製のカメラ搭載が濃厚になってきます。

今回発表されたCMOSイメージセンサーは「チップの小型化」「画素数の増加と高画質化」「処理の高速化」「低消費電力」など、重要な部分での性能アップが図られています。

→AppleInsider

林檎1号:ソニーの完成品は以前に比べて不人気ですが、技術力の高さは健在ですね。