iPhone3GSはiOS5.0にアップグレードできない!? ひょっとして初代iPadも?

IPhone-3GS-SlashGear-08-r3media-480x355

iPhoneの実力を広く世界に認めさせたiPhone3Gは、iOS4.3のアップグレード対象から外されました。本体メモリが128MBしかなく、ハードウェアの性能がiOSの進化についていけない状態だったので、当然の結末でした。

さて、今度はiPhone3GSの番かも知れません。アナリストのEldar Murtazinは次のiOS5.0では3GSがアップグレード対象から外されるだろうと言っています。

iPhone3GSの本体メモリは256MBしかありませんから、スペック的にキツイことは確かです。

待てよ・・・・

初代iPadのメモリも同じく256MBでは・・・。

でも初代iPadのCPUはA4ですから、3GSの600MHzのCPUとは性能が違います。何と言っても、初代iPadは1GHzで動作しますからね。

でも、CPUはメーカーが違っても、アーキテクチャはARMのCortex-A8(シングルコア)で同じですよね。

何だか心配になってきました。例え初代iPadがiOS5.0のアップグレード対象から排除されなくても、一部の機能しかサポートされないということは、十分ありえますね。

そんな予感がします。

参考:SLASH GEAR

 

Last Updated on 2017年1月2日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です