アーリーアダプターの時代から、もうすぐ本格的iPadの時代がやってくる!

  Ibooks_mx-2

最近、iPadの人気が落ちてきたとか言われてますけど、そんなのは織り込み済みのことですね。Appleだって、iBookストアが立ち上がっていない状態での日本の人気には驚いていたんじゃないんでしょうか。

発売前後のマスコミの過熱報道の中心は主に電子ブックでしたから、人気につられて買った人の中には持て余している人が多いのではと推測します。

iPadがPCランキングの首位から転落したのを受けてなのか、J-CASTで ”iPad人気に陰り 「値段高い」「今の端末で十分」" という記事が掲載されました。

アメリカではすぐにブックストアが立ち上がっていたので、iPadを買って大満足の人が多いらしく、ネットブックの売上ががた落ちになっているようです。

要するに日米の満足度や売上の差があるとしたら、それはAmazonやiBookストアなどによる電子書籍販売の有無によるものと考えてよいのではないでしょうか?

電子ブック後進国の日本でも少数ですが電子ブックがアプリとして販売され始めましたから、出版社の対応も徐々に進んでいるようです。これから出版される書籍については、徐々に電子ブックを想定した著作権契約になるでしょうから、出版が加速度的に進むものと思われます。

電子ブックの出版点数がかなり増えると予想される来年には、さらに使い勝手が改良されたiPad2が発売されます。従って来年はiPadが本格的にブレイクする年になるのではないかと思っています。

 

Last Updated on 2010年11月27日 by M林檎