iPadがマルチタスクになるまで、もう少しだけノートPCを手放せない? ブロガーは特にそうかもしれません。

ブログを書いていると色々な連想が浮かんできます。頭の中に浮かんだキーワードの詳しい内容が思い出せないときは、ネットで情報を検索し、必要であれば該当部分を引用して記事を書きます。
従って通常は入力画面とブラウザを何回も切り替えながら記事を書いています。また、分からない英単語が出てきた時はブラウザ上で単語をクリップボードにコピーすると簡単な意味が出てくるので、ブログ記事の作成にはノートPCが手放せない状況です。

でも今はお洒落で、軽量で、タフなバッテリーのiPadに乗り換えたい気持ちでいっぱいです。
もちろんiPadにはマウスオーバーの翻訳までは望みませんし、クリップボードの単語検索も望みません。しかし、最低限マルチタスクでないと、いちいちアプリを終了させて立ち上げての作業が繁雑です。
従って、マルチタスクになるまでは外出時にノートPCを持参することが続きそうです。少々、重いですが、作業効率を考えるとやむを得ない措置です。

これはブログ記事を作成する人だけでなく、原稿執筆にネットを多用する人も同様だと思います。
とりあえず、アイデアや要点をiPadで書いて、その後、関係する情報をネットで検索して、参考になりそうな記事をEvernoteへメールで送り、落ち着いた時間ができたときにノートPCを立ち上げて文章を作成するパターンになりそうです。

秋までは手軽にアイデアを書き留めるツールとして活躍しそうです。

Last Updated on 2010年5月24日 by M林檎