ジョブズがiPhoneやiPadでデフファクトスタンダードを狙うのはいいけれど、開発者まで囲い込むのは成功するでしょうか? まさかApple帝国を?

Thinkdifferent3

Engadget Japanの記事「ジョブズ、iPhoneアプリの開発制限について直メールで回答」を見ていると、iPhoneやiPadをデファクトスタンダードとするために、ジョブズの徹底した態度が見えてきます。

Windowsの成功によって、マイクロソフトが巨万の富を得たことは、ジョブズの脳裏に強く焼き付いているでしょう。パーソナルコンピュータでは当初、Appleのマッキントシュが性能で優っていましたが、IBMがマイクロソフトのMS-DOSを搭載したパソコンを販売したことにより、マイクロスフトの時代が始まりました。

その間、ジョブズはAppleを追い出され、ネクストを立ち上げましたが、ぱっとしましせんでした。

したがって、その頃、興隆を極めたマイクロソフトのデファクトスタンダード戦略は強く脳裏に刻まれているに違いありません、

OSと同時に自社のOSに特化した開発環境を開発・提供することにより、マイクロスフトのソフトがどんどん増えていきました。

しかし、Appleはそれにとどまらず、それ以上のことをやろうとしています。 iPhoneやiPadのアプリを完全にコントロールするだけでは飽き足らず、開発環境や言語の種類まで支配しようとしています。

しかし、これは諸刃の剣です。上り調子の時は囲い込みが有効ですが、一旦下り坂になると、クロスプラットフォームでない開発環境での開発にはコストがかかるので、開発者がイッキに逃げ出します。

企業は開発コストに敏感です。PS3が発売されたときに開発するのに膨大なコストがかかるために、開発企業は開発を躊躇しました。

ジョブズはこだわりの人で、それが最近のAppleを成功に導いてきたことは疑いありませんが、あまりに自由度が失われ、窮屈になると新しいトレンドへ開発者が逃げ出してしまいます。

ぜひそんなことがないようにお願いしたいものです。

Last Updated on 2010年4月12日 by M林檎

コメントを残す