【最新情報】iPhone 8のスペック予想、絶対に買いだ!(随時更新)

【当記事:2017年8月11日更新】

 

 

 

 

iPhone 8-iOS-11-123gadjfiasfa

iPhone 8-iOS-11-123fgdffgdfg

(上画像はiOS 11が動作しているiPhone 8のレンダリング画像:iDropNews


iPhoneが2007年に発売されて10年となる2017年。iPhone 7 / 7 Plusの後を継ぐiPhone 8は、大幅なアップデートが予想されています。現在のiPhone 7 / 7 Plusは、iPhone 6s / 6s Plusからの変更が少なかったため、これからiPhoneを買おうとしている人は、大幅に変わるiPhone 8の発売を待った方がよさそうです。

HomePodのファームウェア(iOS 11.0.2相当)を解析した結果、iPhone 8のディスプレイ内のTouch IDに関連するコードが発見されなかったというこで、このあたりの噂は怪しくなってきました。

全画面ディスプレイ、有機ELディスプレイワイヤレス充電は確実に搭載されそうです。現在、Touch IDをディスプレイに組み込む技術開発に苦労しているとの情報が流れています。

現在、Appleファンの間で流通している新機能等(予想)は以下の通りです。

・「タップ・ツー・ウェイク」(画面をタップすると起動する)機能
・「カメラ」アプリにデジタル一眼レフのようなシーに合わせたプリセット機能、QRコード読み取り機能
・電源アダプタ(5W)が同梱?「Lightning – USB-Cケーブル」が同梱される
・全画面ディスプレイ 約5.8インチ(4㎜のベゼル)上部ベゼルはカメラやLEDフラッシュなどのためにに存在(ディスプレイの有効領域は5.1〜5.2インチ)
・10nmで製造された「A11」プロセッサ
・有機ELディスプレイ(Touch ID埋め込み)Samsung製(Touch IDをディスプレイに埋め込むことが技術的に難し場合は、裏面のAppleロゴに埋め込まれるか、ロゴの下に配置される可能性アリ
ワイヤレス充電(発熱の問題が発生?)
・縦に並ぶデュアルレンズカメラ(この影響で近くにある電源ボタンの位置が若干下に配置か?)
・リアカメラの性能については(現在の720pよりも向上し)1080pで240fpsのビデキャプチャ性能
・サイズはiPhone 7 Plusと同程度(全画面ディスプレイのため、縦横は若干短く、厚みは増)
  iPhone 8;143.5 x 70.9 x 7.7 mm(iPhone 7 Plus:158.2 x 77.9 x 7.3 mm)
・LightningコネクタかUSB−Cのコネクタか不明
3Dセンサーによる顔認識、虹彩認証搭載(iPhoneを兵権に置いた状態でも、伏せた状態でも認識するとの情報があります)
・顔認識機能(Face ID)はApple Payの利用が可能
・名称は、①iPhone 8 ②iPhone X ③iPhone Editionのいずれか
・アルミフレームかステンレスフレームのガラスボディ(端がカーブしたガラスバック)
・ロジックボードの小型化とバッテリ容量の増加?(iPhone 8はL字型バッテリ)
・iPhone 8の価格予想、128GBモデルが999ドル(約113,000円)、256GBで1,099ドル(約124,500円)
・iPhone 8のカラーは、ブラック・ホワイト・クッパー(赤銅)ゴールドの3色?
・ホームボタンエリアは、リサイズ可能で、非表示にすることができ、カラーを変更するためのAPIはなく、その下にタブバーを置くことができる?

→KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)の最新の予測(7月4日)

・iPhone 8のパーツとされるリーク画像

「iPhone 8のパーツが初めて流出!?生産が本格化か?」

iPhone 8パーツ12ogkfsldffks

iPhone 8のパーツとされるリーク画像fdasfsd

 


・コンセプト画像や動画


以下は関連記事です。是非ご覧ください。