iPhone SE 4の[噂情報]まとめ

Appleは低コストのiPhone SEのアップデート版を開発しており、新しいデバイスには主力のiPhonラインナップに合わせるためのいくつかの大きな変更が含まれていると予想されます。

2024年まで新しいiPhone SEは発売されない見込みですが、これまでに出ている噂は、次の通りです。

[デザイン]
現在のiPhone SE 3は、iPhone 8をベースモデルにした最小のデバイスです。4.7インチのディスプレイで、幅広いベゼルとTouch Iホームボタンを備えた唯一のiPhoneです。第4世代のiPhone SEは、Appleの主力ラインナップのようなオールディスプレイデザインになり、Appleはホームボタンを廃止して別の認証方法を採用します。

過去のiPhone XR には 6.1インチのディスプレイがあり、Appleがこのデバイスに 5.7 ~ 6.1インチのディスプレイを検討しているとの噂が複数ありました。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleが6.1 インチのディスプレイを使用すると考えており、ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、Apple が次のiPhone SEで 5.7インチと 6.1インチの両方のディスプレイオプションを検討していると考えています。

[ディスプレイ]
iPhone SEは、LCDディスプレイを搭載した最後のiPhoneであり、Appleのラインナップの他の iPhoneにはOLEDが搭載されています。実際、AppleはiPhone 12以降、主力のiPhoneにすべてのOLEDテクノロジーを使用してきました。iPhone SE 4にOLEDテクノロジーを使用するかどうかはまだ明らかではないですが、Young氏は両方の可能性があると述べています. Appleは、2つのサプライヤーからの 6.1インチ OLED ディスプレイと、5.7 ~ 6.1インチの LCDを検討しています。それは価格が異なるため、最終的なiPhoneの販売価格に大きな影響を与えるからです。

[ノッチ]
Appleは、オールディスプレイデザインで、iPhone SEにノッチを採用すると予想されています。これは、Appleが2017年のiPhoneXR以来、iPhone 13までのフラッグシップモデルに使用してきたデザインです

[Face ID]
ノッチ付きディスプレイはAppleに前面カメラを配置する場所を提供しますが、ハードウェアのコストを考えると、iPhone SE がFace IDとTrue Depthカメラシステムをサポートするかどうかは明らかではありません。

[iPad Air方式の電源ボタン用タッチ ID]
Apple のアナリストMing-Chi Kuo氏からの情報によると、iPhone SE 4には、iPad Air、iPad、iPad miniと同様の Touch ID’電源ボタンが搭載される可能性があります。この技術はまだiPhoneには使用されていませんが、コストを安く抑えることができます。

[Aシリーズチップ]
現在のiPhone SEには、 iPhone 13モデルと同じ A15チップが搭載されているため、iPhone SEは、発売時に前世代のチップを採用する見込みで

[5G]
現在のiPhone SEには5Gテクノロジーが搭載されており、次世代バージョンには、より多くのバンドをサポートするアップグレードされた5Gチップが搭載される可能性があります。

[発売日]
噂によると、iPhone SEは2024年に発売される見込みです。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年11月11日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です