Apple、2025年までに全iPhone生産の25%をインドに移すとアナリストが予想

JPモルガンのアナリストによると、Appleは2025年までにiPhoneの生産ライン全体の25%をインドに移し、サプライチェーンの多様化を目指すとのことです(Reuter経由)。

Appleは現在、iPhone 13やまもなくiPhone 14を含むいくつかのiPhoneモデルをインドで生産しています。アップルのサプライチェーンは依然として中国に集中しているが、同社はサプライヤーと生産ラインを他の場所に移す努力をしている.

JPモルガンのアナリストは、2022年後半までにiPhone 1」の生産の5%がインドに移され、3年後には大幅なシフトが起こると考えています. 2025年までに「iPhone」の生産の25%をインドに移すことに加えて、アナリストは、AppleがAirPods、Mac、Apple Watch、iPadなど、他の製品ラインの25%を中国国外に移すと予想しています。

Foxconnを含む Appleのサプライヤーは、過去数年間、サプライ チェーンのインフラストラクチャ、工場、およびトレーニングでインドに多額の投資を行ってきました。Apple は今後数週間以内にインドでiPhone 14モデルの生産を開始する予定ですが、同社の秘密保持の優先度が高いため、計画が複雑になっていると伝えられています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。