今は亡きホーキング博士は新しい超人種の出現を警告していた。

画像ソース:Wikipedia

ホーキング博士は、人類の絶滅と新しい人種の出現を予言しました。人類への警告は、ホーキング博士の死後に発売された本に含まれています。

2018年3月に亡くなった英国の物理学者スティーブン ホーキング博士は、彼の死の前に人類に対する別の脅威を予測しました。

そのような警告は、科学者の最後の本「Brief Answers to the Big Questions: the final book from Stephen Hawking」「邦訳:ビッグ・クエスチョン 〈人類の難問〉に答えよう」に含まれています。

The Sunday Timesによると、ホーキング博士は将来、裕福な人々が自分の DNAと子供たちのDNAを変更できるようになり、病気に対する抵抗力を高め、記憶力と知性を向上させ、平均余命に影響を与えることができるようになると予測しました。

科学者によると、人間への遺伝子工学の使用に関する法的禁止は、それらの特性を改善したいという誘惑から守ることができないでしょう.

その結果、普通の人では太刀打ちできない超能力者が地球に現れる。やがて人間と超人の戦いが始まる。

「そのような超人が出現すると、改善されていない人間は競争できなくなり、重大な政治的問題が生じるだろう」とホーキング博士は書いている。
「おそらく、それらは消滅するか、重要でなくなるでしょう」

(via anomalien

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。