ハッカソンが、オンラインで人身売買された数十人のウクライナ難民を発見

画像ソース:devex

今年初め、国際移住機関は、戦争で荒廃したウクライナから逃れてきた 300 万人以上の難民が「搾取の危険にさらされている」と報告しました。

それによると人身売買のケースは、難民が安全な財源なしに突然家を出る可能性が高く、「大規模な避難の直後に特定される可能性が低い」と警告しました。2月以降、欧州連合は、「ウクライナでの戦争が始まって以来、欧州連合に到着した」540万人以上を数え、その数はさらに多いと発表しました。

「関連するすべての利害関係者は、人身売買の脅威が高く、差し迫っていることを認識しています」とEUの人身売買防止計画は述べています。女性と子供たちは逃亡する難民の大半を占めているため、計画では、女性と子供たちが最も危険にさらされていると考えられていると述べています。

これに対応するため、EU はオンラインおよびオフラインの人身売買のリスクの監視を開始し、専門家はヨーロッパ中の国々に対し、この不確実な紛争の時期に難民を保護するために協力し始めるよう呼びかけました。今週、サイバー犯罪に焦点を当てた EUの法執行機関である欧州刑事警察機構は、最初のオンライン EU全体のハッカソンを調整することによって、まさにそれを行ったと報告しました。

20か国の法執行機関を集めて調査を支援することで、ハッカソンはソーシャルプラットフォームや Web サイトを使用して犯罪ネットワークを標的にし、ヨーロッパ全体の人身売買のオンライン犯罪状況を明らかにしました。特に、欧州刑事警察機構は報告書の中で、「調査員は、ウクライナ難民をおびき寄せようとする人身売買業者を標的にした」と述べています。

「インターネットと人身売買は相互に関連している」と欧州刑事警察機構は報告書で述べ、「脆弱なウクライナ難民に関連する」30のオンラインプラットフォームを特定し、特に難民を人身売買の対象としていあます。

欧州刑事警察機構は、80人の個人/ユーザー名(30 人はウクライナ難民を搾取している可能性がある)、11 人の人身売買容疑者 (5 人はウクライナ難民を標的にしていると考えられている)、および 45 人の犠牲者の可能性を特定し、そのうち 25人はウクライナ人でした。

ハッカソンに参加した国は、オーストリア、アルバニア、ベルギー、デンマーク、フランス、フィンランド、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、リトアニア、オランダ、ポルトガル、ポーランド、ルーマニア、スロベニア、スロバキア、スペイン、スウェーデン、英国、ウクライナでした。

ハッカソン中に調査されたオンライン プラットフォームには、「さまざまな Web サイト」と「ソーシャル メディア、出会い系プラットフォーム、広告および支援プラットフォーム、フォーラム、メッセージング アプリケーション」が含まれていました。

2021年から2025年の人身売買防止計画で、欧州委員会は、「関連するインターネット プラットフォームおよびテクノロジー企業と話し合いを開始し、ソーシャル メディアを含むオンライン プラットフォームの採用と搾取のための使用を減らす方法について話し合う」と発表しました。特に、オンラインの意識向上キャンペーンやコンテンツの監視を通じて、被害者の数を増やしています」

ステットソン大学の人身売買と国際法の専門家である Luz Nagle氏は「ソーシャル メディアにより、人身売買業者がより脆弱な人々に手を差し伸べることができるようになった」と語りました。ウクライナ人は搾取の危険にさらされています。

「犯罪組織は現在、現在の組織から以前の犯罪組織に [被害者] を募集し、連絡を取り、移送するためにテクノロジーを使用しています」と Nagle氏と述べました。

(via Ars Technica

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。