iPhone 14 Pro Max、iPhone 14のような修理の改善(しやすさ)はない。

9月20日に行われiFixitによるiPhone 14 Pro Maxの分解調査では、iPhone 13 Pro Maxのインテリア デザインのほとんどが維持されており、iPhone 14のような修理しやすい部分がないことが示されました。

iFixitチームによると、iPhone 14 Pro モデルは以前の iPhoneと同じくらい修理が難しく、特に背面のガラスパネルは修理が難しいとのことです。これを交換するには、労働集約的なプロセスを反映して、Appleで$549の費用がかかります。

さらに、iFixitは衛星アンテナが iPhone 内のどこにあるのかはまだよくわかっていませんが、推測はできます。同社は、5G mmWaveパッチアンテナの近くの下部コンポーネントに配置できると考えています。

米国で販売されているiPhone 14 Proは、すべてeSIMになり、内部のSIMトレイスペースは、スペーサーで埋められていて活用されていません。

将来的にはマイクロSDカードスロットとして活用して欲しいものですが、Appleのセキュリティーポリシーからすると難しいかもしれません。

(via AppleInsider)

Last Updated on 2022年9月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。