iPhone 14 Pro、5G速度の比較テストでは(米国内では)最大38%速いことが判明

この時点で、新しい iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Maxについてはすでに多くのことを知っています。パフォーマンスに関して言えば、新しいデバイスはA16 Bionicチップのおかげで、以前のデバイスよりも少し高速です。

通信に関しては、SpeedSmartが実施した比較テストによると、新しい iPhone 14 Proは、iPhone 13 Proよりも高速な5G速度も達成しています。

SpeedSmart のテストは、iPhone 14 Proと iPhone 13 Proで実施されました。SpeedSmart は、米国の 2 つの主要キャリアである T-Mobile と Verizon の5G速度を比較しました。結果は、iPhone 14 Proが前世代のiPhoneよりも最大38% 速い5G ダウンロード速度を達成できることを示しています。

アップロード速度に関しては、それほど大きな改善はありませんでしたが、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの方が優れた結果を示しました。

iPhone 14 Pro (ダウンロード – T-Mobile): 255.91 Mbps
iPhone 13 Pro (ダウンロード – T-Mobile): 173.81 Mbps
iPhone 14 Pro (アップロード – T-Mobile): 28.25 Mbps
iPhone 13 Pro (アップロード – T-Mobile): 22.51 Mbps
iPhone 14 Pro (ダウンロード –Verizon): 175.56 Mbps
iPhone 13 Pro (ダウンロード –Verizon): 126.33 Mbps
iPhone 14 Pro (アップロード – Verizon): 27.28 Mbps
iPhone 13 Pro (アップロード – Verizon): 21.64 Mbps

iPhone 14 Proがうまくいったテストはこれだけではありません。SpeedSmart はまた、新しい携帯電話の方が平均待ち時間が短いことにも分かりました。

待ち時間が短いということは、デバイスがサーバーと通信するのにかかる時間が短いことを意味します。これは、ライブストリーミングやオンライン ゲームに不可欠です。

たとえば、iPhone 14 Proは、T-Mobile に接続すると52.88 ミリ秒、Verizonに接続すると 37.09 ミリ秒の平均遅延 (Ping) を達成しました。iPhone 13 Proはそれぞれ 62.20ミリ秒と52.24ミリ秒を記録しました。

比較テストでは、iPhone 14 Pro が最大 38%速い 5G 速度を達成できることが示されています。

iPhone 14 Pro のこれらの優れた結果は、Qualcommの新しい5G Snapdragon X65モデムによるものです。iPhone 13 ProはSnapdragon X60 に依存しています。新しい5G X65モデムは、最大 10Gbpsのダウンロード速度 (X60の7.5Gbps に対して) をサポートし、以前のものと比較して消費電力が少なくなります。

Snapdragon X65モデムが付属していることは注目に値します。AppleはiPhone 用に独自の5Gモデムを開発しようとしているが、同社は依然としてQualcommと複数年契約を結んでいます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。