一般的な人が偉大なリーダーになるのを妨げている1つの大切なこと。

個人の働き方と時間の柔軟性が高まるにつれて、人々は燃え尽き症候群のレベルが高くなり、ワークライフバランスを見つけることが困難になっていると報告しています。

これに対抗するには、リーダーも従業員も同様に、共感的な社会的スキルを高めることに集中する必要があります。特に、1 つのスキルが、平均的なリーダーと優れたリーダーをますます区別しています。それは、アクティブリスニングです。

効果的なコミュニケーションとは、話すことだけではありません。相手の話に直感的に耳を傾け、質問をし、会話の深さ、意味、理解を求めて相手のニーズを念頭に置く能力を備えています。これは最高のアクティブリスニングです。

テクノロジーとソーシャルメディアが私たちの生活を支配する中、私たちはアクティブリスニングスキルを開発する上で日和見主義的ではなくなり、競争上の優位性としてのビジネスへの影響を社会的に認識しなくなりつつあります。仕事上の人間関係を築くときは、フェンスの向こう側で何が起こっているのかを理解できるようにすることで、アクティブリスニングを活用してください。

これは、優れたリーダーの重要な差別化要因です。理解するために耳を傾けます。また、急速に希少で忘れ去られたリーダーシップ スキルになりつつあります。偉大な人たちは、自分自身や目の前の仕事についてだけ話して会話を支配することはありません。

ミーティング、ハドル、または1対1で、彼らは耳を傾け、聞いたことを振り返り、明確にするために他の人の感情や意見を探るために質問をします。プロジェクトが向かっているタスクまたは方向。それは、「これについてどう思うか教えてください」と同じくらい簡単です。

傾聴には1つの包括的な目標があります。それは、相手とつながり、成功を支援する方法を見つけることです。従業員の最善の利益を念頭に置くことで、リーダーは最も重要なときに信頼を築くことができます。

人々は、積極的に傾聴する優れたリーダーシップスキルの力を過小評価しています。人が耳を傾けられていると感じるとき、それは直接自尊心につながります。誰かが自分に関係することを気にかけていること、そして他の人が自分の視点を本当に理解していることを示したとき、それはその人を正当化します.

組織内でより高いランクに昇進する将来のリーダーを特定するときは、各チ​​ームメンバーができる限り最高の人物になるのを助けるために耳を傾けるリーダーに注意を払ってください。これは、リーダーとして尊敬される役割を担うに値する人物です。

(via INC

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。