iPhone 14 Proは6GBのより高速なLPDDR5メモリを搭載

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは6GB の高速RAMを備えており、昨年のiPhone 13 Prと比較して、デバイス全体のパフォーマンスが高速で効率的になります。

Qualcomm の X65 5G モデムを搭載し、より高速な 5G速度とより低いエネルギー消費を提供することが明らかになりました。

分解により、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、以前のiPhone 13 ProのLPDDR4Xメモリと比較して、より新しく高速なタイプのLPDDR5 RAM を備えていることも確認されました。

昨年のiPhone 13 Proと同様にiPhone 14 Proは同じ6GBのRAM 容量を備えていますが、新しい LPDDR5メモリ タイプの恩恵を受けています。

標準のiPhone 14とiPhone 14 Plusは、噂どおり、昨年のハイエンドiPhoneのA15 Bionicチップとともに LPDDR4X メモリを引き続き搭載すると予想されます。

Appleによると、iPhone 14 ProのA16 Bionicはメモリ帯域幅が50%増加しており、LPDDR5メモリへの移行で予想される増加と一致しています。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、Apple がこれまでのスマートフォンで最速のチップであると述べる新しいA16 Bionic チップを搭載しています。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年9月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。