iPhone 14とApple Watch Series 8は、Apple独自開発のAppleシリコンの苦戦を示している

画像ソース:IDC

新しいiPhoneに伴う進歩の多くが、革新的な新しいAシリーズプロセッサにカプセル化による性能アップによる時代がありました。これにより、CPUコア、GPU、または特別な処理エンジンが追加され、モデルが従来のモデルよりもはるかに高速になりました。

しかし、Appleの2022年iPhone発売イベントから 1週間後、チップ開発のペースが鈍化したために同社がどれだけギアをシフトダウンしなければならなかったかということに私は驚かされました。

Appleのチップ設計は同社にとって大きなアドバンテージであり、(Apple が先週指摘したように) スマートフォン用チップに関しては競合他社に対するアドバンテージが非常に大きいため、開発のペースを落としても何マイルも先を行くことができます。

また、過去数年間に、ペースを少し遅らせたであろう 2 つの無関係な出来事が見られたことに注意することも重要です。
まず、明らかにパンデミックです。AppleとApple のパートナー (Apple のプロセッサを製造している会社TSMCなど) の両方で、多くの職場の混乱があり、速度の低下を引き起こした可能性があると考えられます。

しかし、2つ目は、MacにAppleシリコンが登場したことです。ここ数年で、Appleは M1、M1 Pro、M1 Max、M1 Ultra、およびM2を導入しました。おそらく新しいM2バリアントが近い将来に登場する予定です。そのために、新しい iPhoneを駆動する基本チップから焦点をそらさなければなりませんでした。

昨年、Appleは自社の携帯電話を前年のiPhone モデルではなく「競合他社」と比較することで、iPhoneの速度に関する主張に焦点を合わせ始めました。

マーケティングの観点から、これは素晴らしい動きでした。必要がないのに、なぜ自分と競争する必要があるのでしょうか。

今年の iPhone 14の発表は、比較対象となる「昨年のモデル」がなかったため、非常にトリッキーでした。iPhone 14は、AppleがiPhone 13で使用したのと同じ A15プロセッサを使用していますが、追加のGPU コアが有効になっている iPhone 13 Pro のバリアントです。
従って。Apple は、iPhone 14のリビジョンが通常どおりのビジネスであるかのように見せるために、多くの巧妙な手品をしなければなりませんでした。

さて、来年は通常のパターンに戻ります。iPhone 15にはおそらく今年のA16プロセッサが搭載され、iPhone 15 Proには来年の A17プロセッサが搭載されると思われます。

Apple Watchの進歩のペースも鈍化しています。そのシステム・イン・パッケージは S8に更新され、いくつかの派手な新しいセンサーが含まれていますが、最新の時計モデルのコアにある CPUは3世代で変更されていません。したがって、速度の向上を主張するのではなく、Appleは他の分野に焦点を当てています。

私にとって最も興味深いのは、Apple が先週のイベントビデオで流した Apple Watchプロモーションビデオでした。過去数年間、Appleの広告は今年のモデルのすべての新機能に焦点を当てていたように感じますが、Apple Watchのビデオでは、実行時間のかなりの部分を古いモデルで導入された機能、または古いモデルで利用可能な機能の宣伝に費やしていました。

結局のところ、iPhoneやApple Watchを購入するほとんどの人は、昨年購入したデバイスを買い替えているわけではありません。Appleデバイスの購入者の大多数は、最新モデルを数年前に購入したモデルと比較しています。進化のペースは鈍化していますが、iPhone 11と iPhone 14の間にはいくつかの大きな違いがあります。

しかし、Apple はこれまで、最新のデバイスアップデートのクールさを披露するのが簡単でした。進歩のペースが速いときは、最新かつ最高のもので人々を圧倒するために一生懸命働く必要はありません。

物事が遅くなり始めたら、創造性を発揮し、売り込みを広めるためにより多くの作業を行う必要があります。そして先週、Appleここ数年で最も懸命に働いていたのです。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。