今後25年の間に人類はAI(人工知能)と戦うかもしれない。

米国のエンジニアと物理学者は、20~25 年以内に人類が致命的な脅威に直面すると考えています。事実は、新しい産業が高度な技術にますます依存していることです。簡単に言えば、人工知能による驚異です。
映画や文学では、人間とロボットの対立の問題は、ほぼ対等な立場の闘争として説明されることがよくあります。

実際、機械が人類を滅ぼそうと決心した場合、人工知能によって制御されるシステムは、見かけよりもはるかに速くそれを実行します。

核ミサイルサイロをAI(人工知能)で100%制御するオプションはすでに検討されています。自動化されたシステムは、一方では人間の監視を排除し、他方ではすべての人類を危険にさらします。

アメリカのエンジニアと物理学者は、AIの制御下にあるすべてのシステムのキャプチャをシミュレートしました。最初の打撃はナビゲーションに与えられます。何百もの飛行機、何千もの衛星が瞬時に地球に落下し、すべての物流が瞬時に麻痺します。

しかし、都市に墜落した数百機の航空機でさえ、実際には小さな蚊に刺された程度です。
人々はガジェットに夢中になっています。新しい世代は、どこで薬や食べ物を買えばいいのかさえ知りません。進歩は素人の生活を楽にするはずだと言われていますが、実際にはその背後には不測の事態に備えた弱さと無力があります。

したがって、パニックに陥り、生き残れなくなった生き残った人々は、AI制御の軍用ドローンの優れたターゲットになります。
しかし、最悪の事態はこれではありません。ウイルスに捕らえられたAIシステムは、人類の全核兵器を空中に発射します。したがって、開発の技術的な道程は非常に危険です。

高度な技術が人々の手に負えなくなったら、世界は急速に急速に崩壊するでしょう。文字通り、私たちの文明全体が数時間で破壊される可能性があります。しかし、これは主な脅威ではありません。
AI を人類に役立てる方法を人々が理解しているとしても、ハッカーのことを忘れることはできません。

時々、本当の天才が生まれます。彼らの中には、創造の道を選び、文明の利益のために創造する人もいますが、彼らの贈り物のおかげで、破壊の種をまきたい人もいます。

そのような天才ハッカーが核兵器の発射装置を担当する AI システムを制御した場合、災害は避けられません。

(via anomalien

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。