Intel、Raptor Lakeが8GHzオーバークロックの世界記録を達成

(画像クレジット: Intel 経由の Tom’s Hardware)

Intelがイスラエルで開催しているTechnology Tour 2022では、は最新製品に関する新しい情報を共有していますが、その多くは後日まで発表が禁止されています。ただし、同社は、Raptor Lakeが明らかに液体窒素を使用して 8 GHで世界のオーバークロック記録を樹立したことを宣伝するスライドを共有しました。

上の画像でわかるように、イスラエル開発センター (IDC) は、197年にすべてが開始された 8088にまでさかのぼるインテル製品の長いラインの背後にある設計エンジンの役割を果たしていました。そのラインナップは今日まで続き、Pentium MXX、Banias、Sandy Bridge などの有名な名前が含まれています。

これらすべては、少なくとも今のところ、Intelがまもなく正式に発表する第 13 世代のRaptor Lake プロセッサで最高潮に達します。Raptor Lakeの新しい8 GHzオーバークロック記録に関するティーザーを除けば (これが全体的な世界記録なのか、Intel の10nm チップの単なる世界記録なのかはわかりませんが)、同社はまだ多くの詳細を共有していません. 当然のことながら、今後数日間にわたって開催される NDA 会議でさらに多くの情報が得られるので、すぐにその情報を共有します。

Intelはこれまでのところ、詳細について非常に前向きに取り組んでおり、上の画像のような興味深い詳細を共有しています。上のチェックリストは、Alder Lakeの設計目標の最初のリストです。

Intel はまた、その設計と検証プロセスに関するより多くの情報を共有しており、上のスライドでは、Alder Lake との下位互換性により開発サイクルが 8 か月短縮されたことを宣伝しています。

(via tom’s Hardware

Last Updated on 2022年9月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。