Apple 、Safari 16を正式に公開!タブグループ・スタートページ、ウェブサイト設定のクロスデバイス同期、強力なパスワード更新などを搭載

Appleは本日、Safari 16をリリースしました。新しいアップデートでは、新しいオペレーティング システムの 0 月の発売を待つ間、一部のmacOS Ventura機能がmacOS Montereyと macOS Big Surにもたらされます。

Safari 16には、タブグループのスタートページ、タブグループ内の固定されたタブのサポート、およびサイドバー内のタブが含まれています。この更新には、Web サイト設定のクロスデバイス同期と、さまざまなサイト固有のパスワード要件を満たすようにパスワードを調整するための強力なパスワード編集も含まれています。

Safari 16 では、次のような新機能、さらに高速なパフォーマンス、改善されたセキュリティが導入されています。

– タブグループの開始ページを使用すると、タブ グループごとに異なる背景画像とお気に入りを追加できます
– タブグループのピン留めされたタブを使用すると、タブグループごとに頻繁にアクセスする Webサイトをピン留めできます
– サイドバーのタブを使用すると、開いているタブのリストビューを表示できます
-特定の Webサイトに設定した設定がデバイス間で同期されるようになりました
– 強力なパスワード編集により、Webサイト固有の要件を満たすように強力なパスワードを調整できます
-一部の機能は、すべての地域またはすべての Apple デバイスで利用できるとは限りません。

この更新プログラムは、Web拡張機能を介してユーザーを追跡し、任意のコードの実行や UIのスプーフィングにつながる可能性のある、いくつかの WebKitの脆弱性にも対処します。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。