「7 つの都市の島」としても知られるポルトガルとスペインの西の大西洋にある幻の島「アンティリア諸島」

カネパの 1489 年の地図、アンティリア (西側)

アンティリア諸島は、ベネチアの地図製作者、ズアン・ピッツィガーノ氏によって書かれたと考えられている15世紀のポルトラン海図に初めて登場します。

この地図は、1953年に著名なコレクターである トーマス・フィリップス卿の図書館で何千もの写本の中から発見され、現在はミネアポリスのミネソタ大学のジェームズ・フォードベル図書館に所蔵されています。

ポルトラン海図の作成者は、次のような地図の凡例に基づいています。
この海図は、西ヨーロッパ、北西アフリカ、および北大西洋の広い範囲を示しています。興味深いことに、この図には、1419 年にポルトガルの船員によって発見されたマデイラ諸島と、1431 年またはおそらく 1427年まで発見されなかったアゾレス諸島のように見えるものも示されています。

アンティリアの名前は、ポルトガル語の「Ante-Ilha」(「前島」、「他の島」、または「対岸の島」)に由来すると考えられています。これは、ポルトガル本土の反対側にある島々が、ポルトガル王国を反映した長方形の陸塊として描かれていることに関連している可能性があります。

古いイベリアの伝説によると、714年のイスラム教徒によるヒスパニアの征服に続いて、西ゴート族の 7人の司教が人々を連れて大陸を去り、アンティリアに定住しました。そのため、「7 つの都市の島」としても知られています。

ズアン・ピッツィガーノのポルトラン海図

アンティリアの本島は赤で示され、碑文ista ixola dixemo antilia (「この島はアンティリアと呼ばれる」) で示されています。北には青いサタナゼス島(「悪魔の島」)、西には青い仲間のイマナ島(「マム島」)、そしてサタナゼスを覆う傘の形をしたサヤ島があります。これらの島々はまとめてアンティリア群島と呼ばれ、後の地図製作者によれば、insulae de novo rep(er)te (「新たに報告された島々」) と呼ばれます。

ポルトラン海図をソースとして使用して、多くの地図製作者が 15世紀を通してアンティリアを含め続けました。
この島は、ポルトガル王アフォンソ5世の王室の書簡 (1475 年 11 月 10 日付け) にも言及されており、そこで彼は騎士フェルナン テレスに「7 つの都市と、西大西洋にあるかもしれないその他の人口の多い島々」を与えています。

1492年以降、北大西洋が定期的に航行されるようになり、より正確な地図が作成されるようになると、アンティリアの描写は地図製作者の地図から徐々に姿を消しました。七都市の伝説は中米と北アメリカに帰せられ、アンティリアは間違いなくシボラの伝説の根底にある神話となりました。

(via Heritage Daily)

Last Updated on 2022年9月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。