NASAのDART探査機が、小惑星の地球衝突に備え進路を変えるテストを行う小惑星の映像

画像ソース:NASA JPL DARTナビゲーションチーム

NASAの Double Asteroid Redirection Test (DART) 宇宙船は、9月26日に衝突する予定の小惑星を初めて見ることができました。

ディモルフォス小惑星は地球に脅威を与えるものではありませんが、NASAは、宇宙船を衝突させて小惑星の飛行経路を変更し、将来、危険な宇宙の岩石から地球を守ることができるかどうかを調べたいと考えています。

7 月にDARTの Didymos Reconnaissance and Asteroid Camera (DRACO) によってキャプチャされ、今週 NAS によってリリースされた画像 は、宇宙船のターゲットである Dimorphos (左の円の内側) を含む二重小惑星系である Didymos を示しています。 (DARTから約160万キロの距離)

この画像は、実際には 243の別々のキャプチャで構成されており、小惑星ディディモスとその軌道を回る衛星ディモルフォスからの光を示しています。

NASAは、DRACO が小惑星を発見できるかどうかまだ確信が持てなかったのですが、多数の画像をつなぎ合わせた後、最終的な写真を強化し、ディディモを特定することができたと述べました。

DRACOはDARTの重要な部分です。実際、宇宙船が搭載している唯一の機器です。そのデータは、特に DARTが単独で移動する必要がある衝突前の最後の4時間に、宇宙船を小惑星に誘導するために使用されます。 .

ジョンズ・ホプキンス応用物理研究所のDARTミッションシステムエンジニアである Elena Adams氏は、プレスリリースで次のように述べています。

「画像の品質は、地上の望遠鏡から得られるものと似ていますが、画像を使用して宇宙船を誘導する前に、DRACOが適切に機能しており、必要な調整を行うためにターゲットを確認できることを示すことが重要です」

次の3週間で軌道修正操作を何度も行った後、チームは、小惑星に衝突する24時間前に、衝突点が2 キロメートル)以内にあることを確認できると確信しています。

科学者は、地球は140 メートル を超えるサイズの小惑星から最も危険にさらされていると計算しています。天文学者によってまだ発見されていない小惑星がたくさんあるため、わずか数週間でテストが成功すれば、地球の安全にとって不可欠であることが証明される可能性があります。

(via digitaltrends

Last Updated on 2022年9月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。